一人で悩まずにまず相談!悪徳商法の巧妙な手口と対策法

法律のことならお任せを

Trend Choice

振り込め詐欺の被害にあってしまったら

握りこぶし

悪徳商法といえば、最近はオレオレ詐欺と呼ばれる振り込め詐欺が有名ですね。お年寄りなどを相手に息子のふりをして電話をかけてきて、事情があってお金が必要になったから振り込んでほしい、といいお金を騙し取る方法です。最近は手口が巧妙になってきて、息子役の他に警察役や弁護士役が交代で電話に出て騙そうとしてきます。さらに直接現金を取りにくる現金受取型、宅配便を利用して配達させる現金送付型など手口を変えてきています。
騙されないのが1番ですが、もし騙されてしまったときはどうすればよいのでしょうか。まずは警察へ連絡し、被害届を出します。いつ、どこで、どのような、被害額はいくらかなどなるべく細かく伝えます。次に振込先の金融機関に連絡をします。警察と金融機関に連絡をすると『振り込め詐欺救済法』に基づき、振込先の口座を利用停止にし、残高や被害額によって、全額または一部の支払いを受けられる可能性があります。
ただし残高が少ないと取り戻せるお金がほとんどなくなってしまいます。犯人が口座からお金を引き出す前に利用停止する必要があります。速やかに連絡をしましょう。自分や自分の家族だけは大丈夫と思わずに、極端にいえばお金の話があったらすべて詐欺!くらいのきもちでいましょう。