一人で悩まずにまず相談!悪徳商法の巧妙な手口と対策法

法律のことならお任せを

Trend Choice

効果のない健康食品を売りつける業者に注意

「健康診断の数値が悪い」「体調が優れない」など健康に不安を抱える人に魅力的なのが健康食品です。巷にはサプリメントを始めとするさまざまな健康食品が溢れていて、テレビや新聞、ネット上で健康食品の広告を目にしない日はありません。悪徳商法をしている業者はたいてい「今ならお試し分10日間〇円」「通常価格〇円のところ今なら30日分〇円」「期間限定〇セット限り」などと言葉巧みに売り込みます。
健康上の切実な悩みを抱えている人は悪徳商法だと思わず、藁をもすがる思いで業者の説明を信じて購入してしまいます。ところがいくら使っても効果が出ない、業者に訴えると「続けないと効果がない」「効果が出るまでには個人差がある」などと言ってさらに使い続けるように説得します。中には科学的根拠が全くなかったり、謳っているような成分をほとんど配合していないケースもあり信用できません。
また断わってもしつこく電話勧誘して商品を買わされた、勝手に商品を送りつけてきて代金を請求されたなどという相談も耳にします。代金引換で送られてきたため中身を確認せずお金を払ってしまい、後で頼んだものでないと気付き返金を求めたが取りあってくれないという例もあります。これはいわゆる「送り付け商法」という悪徳商法の種類で、立派な詐欺罪になります。頼んでいないならお金は払わない、代金引換はお金を払う前に中身を確認しましょう。それでも被害に遭ってしまったら出来るだけ早く消費者生活センターへ相談するか、最寄りの警察に相談してください。

資格商法に騙されないために

資格を取って仕事に活かしたい、キャリアアップしたいという人につけ込むのが資格商法です。「就職に有利」「仕事を斡旋する」「資格がないと転職で不利」などと資格の必要性を説き、最終的には高価な教材を買わせる悪徳商法です。教材を売ること自体には法的に問題がないためなかなか取り締まられることがありません。
しかし、この手の業者は最初はどれだけお金が必要か言わず、「仕事を紹介する」「月〇〇万円になる」などの都合の良い謳い文句でその気にさせます。説明をするうちに「資格を取得するためには教材費として〇〇万円かかる」「登録料として〇万円必要」などと本題を切り出しますが、同時に「資格を取れば元が取れる」と上手く信じ込ませ契約させます。
このような業者は教材を買わせるのが目的のため、契約をしお金を払ってしまえばその後のサポートをせず、仕事もまともに紹介してくれないことがほとんどです。騙されたと気づくまで時間がかかるのも厄介で、酷い場合は会社ごと消えてしまい音信不通になってしまいます。
このような悪徳商法に引っ掛からないためには、資格取得にそのような高い教材が本当に必要なのか自分で調べ、業者の言うことを鵜呑みにしてはいけません。新しい悪徳商法として、求人に見せかけた業者の勧誘にも要注意です。もししつこいようでしたら、消費者センターに相談するか警察に相談、とにかくすぐに誰かに相談をしてください。

悪徳商法にひっかからない方法とは

悪徳商法にひっかかって大損をしたと言うことが、テレビのニュースになっています。また、身近にも悪徳商法の被害に遭いそうになった人もいます。出来れば、悪徳商法の被害には遭いたくないものです。悪徳商法の被害に遭わないためにはどうすればよいでしょうか。悪徳商法の被害に遭わないためには、悪徳商法の型を知っておくことが大切であると思います。悪徳商法の種類について書いた本も出ていますし、公共施設に行くと、悪徳商法についての無料のフリーペーパーも置いてあります。
また、インターネットサイトで消費生活センターのサイトを開くと、悪徳商法について分かりやすく解説されています。悪徳商法の型を知っておくだけで、悪徳商法にひっかかりそうになったときに、冷静に判断出来るようになります。次に、何事も直ぐに決めずに少し時間を置いて考える癖をつけることです。悪徳商法のうち、自宅に訪問して売り付けて来るタイプや、電話で勧誘して来るタイプは、直ぐに決断することを迫ってくることが多いです。このタイプは、直ぐに決断してもらわないと、悪徳商法とバレるパターンが多いからです。怪しいと思ったら、直ぐに決断は避け、消費生活センターに相談か、友人や家族に相談をしてください。一人で考えずに相談をすることが最も重要だといえるでしょう。